窒素パージ式小型コンベア CSN2-40

UV硬化型樹脂は、大気下では、酸素による硬化阻害が発生します。酸素を排除した、不活性ガス下でのUV照射における酸素阻害抑制の効果は、かなり以前から知られていました。
CSN2-40は、量産効果により今までの窒素パージUV装置に比べ安価な価格にてご提供できるように開発いたしました。

UV-M08UV-M08

特徴

①窒素パージ雰囲気下・通常雰囲気下での樹脂硬化が可能です。
②少ない窒素消費量で低酸素雰囲気下での実験が可能です。
③コンパクトなサイズながら広範囲な光量条件での実験が可能です。
④インバータ式電源装置を使用していますので、安定した光量条件での実験が可能です。
⑤搬送速度・UV出力・酸素濃度をデジタル表示。
⑥設定されたパラメータは装置が自動制御。
⑦酸欠防止用に室内監視用酸素センサーを標準搭載し、安全にご使用いただけます。

基本仕様

UVランプ 水銀ランプ または メタルハライドランプ
4kW(160W/cm)
ランプ出力 1kW~4kW 無段階ボリューム調整
UV照射器具 コールドミラー(集光形)式
被照射物 W220×L320×T2mm(A4サイズ) 質量500g以下
照射距離 UV照射器具下面よりコンベア面まで、80mm固定
搬送系 搬送速度:5~90m/min
開口高さ:5mm固定
開口幅:240mm(有効照射範囲200mm)
炉内酸素センサー 0.1~25%測定(総合精度±1%FS)
酸素センサー 1箇所付属
装置外装色 日本塗装工業会A22-90B半艶(クリーム色)
概算質量 250kg
使用環境 温度:5~40℃
湿度:85%以下(但し結露しないこと)
電源 200VAC(190~230VAC)
3相 50/60Hz 7.5kVA
窒素圧力 0.5MPa 50L/min(MAX)
排気 φ100mm 約4m3/min

※若干のオゾンが排出されますので、屋外へ排出お願いします。
※装置排気口からの排気ダクトはお客様にて施工願います。

シーラベル印刷用 UV照射装置