スキャン式分光濃度計 スペクトロジェット

製品概要

小型軽量なタイヤの付いた分光濃度計を、ガイドトラックに沿って手動で測定します。
既設のオペレーションスタンドにガイドトラックをマグネットで取り付けるだけで設置が完了。
ガイドトラックは長さ52cm、74cm、102cmより選択可能です。 さらに高速な測定を行うには、1パッチの幅を8mmにすることで 400mm/s(4mm幅のパッチでは160mm/s)に対応。
もちろん1台でスキャンもスポット測定も可能です。 上位グレードの「プロ」では、 インクチェック機能やISO12647-2評価機能も搭載する他、 測定の往路と復路で偏光フィルタを切り替え 濃度値と色彩値を1往復で測定できます。

 

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerはアドビシステムズ社より無償配布されています。

特徴

  • コンパクト化
    測定器単体の重量は360gと一般的なハンディ型測定器よりも小型・軽量です。
  • 測定の高速化
    スペクトロジェットではコントロールストリップの幅を8mmにする事で400mm/秒の超高速測定を実現しました。なお、パッチ幅が4mmの場合は160mm/秒になります。
  • 容易な設置
    スペクトロジェットでの測定は付属のガイドバーをマグネットで固定して、転がすだけです。 ガイドバー設置のためのメタルバーを両サイドに両面テープ等で固定しておくだけです。 スペクトロジェットは直進性の高いタイヤが取り付けられていますので、小さなサイズでしたらガイドバーも不要です。
  • スポット測定に対応
    スペクトロドライブの測定部はガイドトラックに載せているだけですので、持ち上げると取り外すことができます。そのままアパーチャーを測定箇所に合わせてグリーンの測定ボタンを押すとスポットでの測定結果がソフトウェアに表示します。
  • 偏光フィルタの自動切替
    スペクトロデンスで評判の高かった偏光フィルタの自動切替を採用していますので、往路で偏光フィルタをオンで濃度測定、復路で偏光フィルタをオフにして色彩値の測定が可能です。 もちろん、スポット測定時はオン・オフ両方の測定結果を得る事ができます。
  • 専用ソフトウェア ExPresso3
    専用ソフトウェアExPresso3(エクスプレッソ)は濃度測定のみの「ベーシック」と色彩値測定も可能な「プロ」からお選び頂けます。 ツボキーごとの目標濃度値との差や色差をグラフィカルにPCの画面上に表示します。 ご購入後のアップグレードも可能です。

仕様

測定方式 0/45° (DIN5033)
分光波長域 400nm~700nm 10nmステップ
測定アパーチャー 1.5mm×1.5mm(最小パッチサイズは3mm×3mm)
光源 LED
偏光フィルタ 受発光部2箇所にラインフィルタを配置
ソフトウェアによる自動切り替え(ON・OFF)が可能
測定時間 スキャン測定:160mm/秒(4mm幅パッチ)、400mm/秒(8mm幅パッチ)スポット測定:約1秒
白色基準 絶対値、相対値を選択可能
光源と視野角 A、C、D50、D65、F2、F7、F11 / 2°、10°
濃度フィルタ DIN 16536、DIN 16536 NB、ISO E、ISO/ANSI T、ISO/ANSI IスペクトルによるDmax(特色濃度)
濃度測定レンジ 0.00 D~2.50 D
反復精度 0.01 D , 0.03 CIE ΔEab
機器間差 0.01 D , 0.3 CIE ΔEab
充電器(ACアダプタ) AC 100-240V / 47-63Hz
データインターフェイス USBi
重量 360g(測定器本体のみ)
測定幅 520mm、740mm、1020mm
ソフトウェア 動作環境 Windows XP、Vista、7、8.1、10
メモリー2GB以上、HDD空き容量2GB以上
インターフェイスに2つ以上のUSBポート
ソフトウェアインストール時にCD-ROMドライブが必要